2008年04月16日


萩原流行が告白、夫婦愛でうつ病と戦う


 俳優萩原流行(55)が15日、17年間うつ病とつきあっていることを明かした。この日、都内で家庭で革製品を水洗いできる洗剤「萩原流行のレザーシャンプー」の商品発表会の席上で語った。
 患ったきっかけは38歳の時、主演舞台で公演直前まで台本の一部が完成しなかった上に、幕が開いた直後に16分歌うシーンがあり、極度のプレッシャーを背負ったことだった。「初日に40度の熱が出て、舌をかんで死にたかったぐらい。それでも違うテンションまで行ってできちゃったんですね。そこから幻聴や幻覚を見たりするようになって」と振り返った。
 現在も安定剤と睡眠薬を飲みながら生活しているが「ポジティブに考えていれば大丈夫。自殺もしないし、何もない」と茶の間で見せる明るいテンションは変わらなかった。
 ただ、うつ状態になると体を動かしたくなくなるそうで、ベスト体重の63キロから73キロまで太ってしまった。食事療法でダイエットしたが、最近では1リットルの脂肪吸引も行い、現在は70キロを切ったという。妻の摩侑美さんも30代からうつ病で「どちらかが『落ちそう』になったら『天気いいしお茶でも飲もうか』と支える感じ。夫婦愛です。自分が苦しい分、相手も苦しいと分かるようになった。人に優しくなれた」と前向きにとらえている。医師からは「この商売をやっている限り治らない」と言われているが「芝居をやめたらやることがない。あと10年はやります」と話していた。(日刊スポーツ)

 




スポンサード リンク





スポンサード リンク






アクセス数1位は、どのブログサイト?
大人気!ブログランキングはこちら







この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック