2016年04月16日


パキシルのジェネリックで節約


うつ病やパニック障害などで、パキシルの薬を飲んでいる方もおられるかもしれません。

ネットではパキシルのジェネリックが販売されています。

医者に行く時間が無い方や再発した方などが、購入しているようです。
ネット販売では、ジェネリックパキシルもありコスト面でお得なようです。


【パキシルとは】

Glaxosmithkline(グラクソスミスクライン)社のパキシルは、SSRIと呼ばれる選択的セロトニン再取り込み阻害薬です。抗うつ薬として、うつ病やパニック障害の治療に用いられます。

パキシルに含有されている薬効成分・パロキセチンは、脳内において一度放出されたセロトニンが再び神経線維に吸収されるのを選択的に防ぎます。

刺激によって一度放出された伝達物質が脳内の神経線維に再び吸収されて減少するのを抑えたり、伝達物質の出てくる量が減るのを抑えたりすることで、気持ちを楽にして意欲を高め、うつ状態を改善します。

パキシルは、うつ病・うつ状態以外にも、パニック障害、強迫性障害、社会不安障害、外傷後ストレス障害(PTSD)にも適応を有する薬剤です。1日1回夕食後服用の簡便なSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)であることも特徴です。


パキシル20mg


パキシルジェネリック20mg 







スポンサード リンク





スポンサード リンク






アクセス数1位は、どのブログサイト?
大人気!ブログランキングはこちら







posted by ミント at 15:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・医療・薬
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック




×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。