2016年02月19日


ふるさと納税で節税対策を!


確定申告の時期になると、住民税の支払い額の気になりませんか?
住民税をお得に節約する方法があります。それはふるさと納税です。
ふるさと納税とは、自治体への寄附金のこと。
2,000円以上の寄附を行った場合、住民税のおよそ2割程度が還付、控除される制度となります。

2015年4月1日からは、確定申告が不要な給与所得者等に限り、確定申告の代わりとなる「寄附金税額控除に係る申告特例申請書」を、寄附先自治体へ寄附する都度提出(郵送)することで住民税から控除されます。
実質今収めている県民税・市民税の一部を任意の自治体へ移転する事になります。

ですので、生まれ故郷でなくても関係なくふるさと納税をすることができます。
ふるさと納税は、あなたが好きな自治体を応援する寄付金制度です。

ふるさと納税は、全国の自治体へ寄付をすることによってお礼品が貰えるので、ただ住民税や所得税を払うのであれば、お礼品を貰った方が絶対お得です。

確定申告を普段やらない方も制度改正で、控除も簡単になったため是非オススメします。
もちろん確定申告をしている方も、確定申告時に項目欄に金額を入れるだけで還付手続きが終了しますので、こちらもとても簡単です。

寄付を通じて地域の人を応援、お礼品を通じてあらたな地域の魅力を知る。
また寄付金を有効活用した地域づくりに貢献でき、地域の人も喜び寄付した人もお得になる、みんなが幸せになれる制度が「ふるさと納税」です。

支払いはペイジーやクレジットカード払い、コンビニ払い、または携帯会社(ソフトバンクまとめて支払い、auかんたん決済)からの支払いも可能となっています。


↓こちらからどうぞ
特例制度に対応!ふるさと納税 




スポンサード リンク





スポンサード リンク






アクセス数1位は、どのブログサイト?
大人気!ブログランキングはこちら







この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック